ズッキーニと牛肉のオイスターソース炒め

\今回使用するのはこの野菜♪/

ズッキーニ
ズッキーニ

イタリア料理でおなじみのズッキーニは、オイスターソースとの相性も抜群。
大きめに切って炒めると独特の食感が楽しめます。

材料(2人分)

  • ズッキーニ…1本
  • 牛肉(切り落とし)…150g
    <下味>
  • 酒…大さじ1/2
  • 片栗粉…大さじ1/2
  • 塩・こしょう…少々
  • プチトマト…6個
  • ねぎ…1/2本
  • しょうが(刻み)…1かけ分
  • サラダ油…大さじ1/2
  • 牛肉(切り落とし)…150g
    <合わせ調味料>
  • オイスターソース…大さじ1
  • しょうゆ…大さじ1/2
  • こしょう…少々

作り方

  1. ① ズッキーニはヘタを落として長さ4等分、縦4等分に切る。
  2. ② プチトマトはへたを取り、ねぎは斜め切りにする。
  3. ③ 牛肉は食べやすい大きさに切り、ボールに下味の材料と一緒に入れてもみ込む。
  4. ④ フライパンにサラダ油と刻みしょうがを入れ、弱火で香りが出るまで炒める。
  5. ⑤ ズッキーニを加えて中火で2分ほど炒めてから、ネギと牛肉を加えて炒める。
  6. ⑥ 牛肉の色が変わったら、合わせ調味料とトマトを加えて混ぜ合わせる。

栄養価(1人分)

  • エネルギー…213kcal
  • たんぱく質…18.6g
  • 脂質…11.2g
  • 炭水化物…10.8g
  • 塩分…2.0g

野菜の豆知識(ズッキーニ)

ズッキーニはきゅうりに似ていますが、かぼちゃの仲間です。西洋かぼちゃに比べるとカロリーは1/5で、糖質は1/7以下。緑黄色野菜のかぼちゃよりは少ないものの、淡色野菜にしてはβ-カロテンが多く、抗酸化作用が期待できます。
また、ビタミンCや食物繊維のほか、カルシウム、カリウムなどの積極的に摂りたい栄養素をバランス良く含みます。
β-カロテンは油と一緒に摂ると吸収率がアップするため、炒め物やソテー、天ぷらなどに。
トマトやオリーブオイルとの相性が良く、イタリア料理では定番の野菜ですが、なすのように中華料理や和食にも合います。
黄色のズッキーニは皮が柔らかいので生食も可能。皮の色が濃くてツヤがあり、太さが均一で大きすぎないものを選びましょう。

配送
つきまして

日本オーソモレキュラー医学会推奨
https://isom-japan.org/top_after

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

PAGE TOP